HOME » 交通事故治療

交通事故治療

- TRAFFIC ACCIDENT -
 

交通事故による「むち打ち症」は、首の痛み、頭痛、しびれ、嘔吐、目のかすみなど、日常生活の営みに障害となります。

事故直後は、気持ちが動転して緊張のあまり痛みを冷静に感じとることが出来ず、しばらくしてから「むち打ち症」の症状を自覚することがあります。後遺症を残さないために、適切な早期治療をおすすめいたします。

また、早期治療の一環として酸素カプセルの利用が可能になりました。

尚、酸素ボックスのご利用希望の場合は事前にご連絡の上、詳細をご確認ください。

5つの特徴point

交通事故「むち打ち症」治療における5つのポイント

交通事故治療とは?

交通事故治療とは、一般的に交通事故が原因の痛み(むち打ち症による首の痛み、頭痛、しびれ、嘔吐、目のかすみなど)の治療のことを指し、主に自賠責保険による治療のことを言います。当院では、交通事故が原因の様々な症状でお悩みの方、また、治療を受けていても、思ったように治らなくて困っている等の方々のご相談に応じております。

むち打ち症とは?

むち打ち症(外傷性頚部症候群)とは、交通事故などにおける頚椎の損傷機序をいうものであり、整形外科では「頚椎捻挫」という診断名になります。 症状としては首、肩、背中周辺の痛みや張り、違和感、疲労感、脱力感、知覚異常、痺れ感等々や頭痛、倦怠感、吐き気、気持ち悪さを訴える時もあります。


早期治療が重要!

交通事故が原因の痛みは、後から症状が出たりしますので軽く考えないでください。小さな事故だから「そのうち治るだろう」「気のせいかもしれない」と無視して放っておくと、後々とてもつらい思いをする事があります。後遺症にならないように、しっかりとした早期の治療をお勧めします。

治療費

治療費は基本的に全額保険会社より支払われることになりますので、 患者様自身の窓口精算は〇(ゼロ)円です。当院は土日も開院しており、 さらに夜も10時まで受付可能ということもあり、交通事故による患者様は 多数来院しております。


治療期間

交通事故は、非常に大きな外力や特殊な方向からの力が加わることにより受ける傷害です。一度、良くなってきても、しばらく経ってから再発するケースもあります。経過観察を行いながら、継続的に治療を続けることをお勧めします。一般的には3~6か月の治療期間で治癒するものと考えております。万が一、6か月続けても症状が改善しない場合には、精密検査を行うための医療機関への紹介状もお作りいたしますのでご安心ください。


治療の流れ

flow

万が一事故に遭った場合。

負傷者救助と加害者確認

警察に通報

医療機関で受診

わせだのもり整骨院に相談

先ず、現場の安全確保、負傷者保護を優先し、必ず警察に通報してください。

事故において、警察への通報は法律上の義務となり、これを怠ると罰則対象となるばかりか、被害者の保険治療に必要な交通事故証明書も発行されません。

被害者が万が一負傷した場合でも保険会社からの保障下で、適切に治療を受けられるよう、次の手順が重要となります。

当院にご相談いただく患者様は、「03医療機関へ受診」済みの方が大半となりますが、事故直後に医療機関で受診されていない方が、しばらくしてから症状が出てしまったというお悩みのご相談も受け付けております。

施術料金

menu

【交通事故治療】

  初診 2回目以降
交通事故
(自賠責保険/任意損害保険)
無料 無料
  • 健康保険以外の方のご通院もご本人確認の為に保険証の提示をお願いしておりますので、お忘れの無いようお願いいたします。

=酸素カプセル利用可=

早期治療の一環として、酸素カプセル(30分/1回当り)の利用が可能です。ご利用希望の場合は事前にご連絡の上、詳細をご確認ください。

よくある質問と回答

faq

よくある質問にお答えいたします。

受診時に必要な提出書類は?
ご本人確認の為、保険証のご提示をお願いしております。 また、当院を受診する前に保険会社の方に通院したい旨をご連絡頂きますとスムーズに通院する事ができます。
鍼治療なども併用して受けることは可能ですか?
担当の損害保険会社からの承諾があれば、併用出来ますが、通常は対象外となり、自費となりますのでご了承ください。
保険会社に対して治療費請求の手続きは?
治療費の請求、治療経過の報告書作成など、すべて当院の方で手続きいたします。患者様は通院中の窓口負担もなく、治療に専念していただくだけです。
「整骨院」と「整形外科」での治療の違いは?
整形外科ではレントゲン等の検査を行い、投薬と物療機器による治療が中心だと思われます。当院での治療は、手技療法と電気治療機器を用いた治療を行います。
事故の数日後から首や腰に違和感が出てきた場合、受診は可能?
事故直後、症状を感じないことは珍しいことではありません。事故後、何ヶ月も経過しているとその症状と事故との因果関係を問われることがありますので、なるべくお早めの受診をおすすめします。
相手方の、保険会社が薦める医療機関に行かなくてはならないのか?
治療を受ける医療機関は患者様が自由に選べる権利があります。ご自身が治療を受けたい医療機関を指定すれば、保険会社は速やかに手続きをする義務があります。
加害者が保険に加入していないと言っている場合は?
車の損害保険である任意保険に加入していない方はいらっしゃいますが、車の車検が存続していれば、強制保険(自賠責保険)には入っています。また、加害者の車が車検切れの場合やひき逃げ等の場合、被害者の救済制度として政府保証事業に損害を請求することが出来ます。詳しくはお問い合わせください。
あかぎ整骨院での主な治療内容は?
症状や体質を考慮し、来院時の時間の都合に合わせた治療プランをご提案しております。治療内容としては手技療法(マッサージ)、電気治療、冷温法、テーピング、身体調整などの中から選択していただきます。
診断書などの証明書は発行可能か?
はい、警察提出用の診断書を発行いたします。
治療期間はどのくらいか?
その症状と経過によりますが、一般的には3~6ヶ月です。万が一、6か月続けても症状が改善しない場合には、精密検査を行うための医療機関への紹介状もお作りいたしますのでご安心ください。
現在、病院に通院している場合は?
交通事故の場合、病院に通院しながら、当院で治療、リハビリを併用して受けることも可能です。
現在かかっている医療機関や整骨院(接骨院)を変更したい場合は?
保険会社に今から通院したい医療機関名と連絡先を電話で伝えれば、すぐに変更可能です。その際に、今まで通っていた病院や整骨院(接骨院)への許可は必要ありません。
通院の目安は?
症状が改善するまで、毎日治療をお受けできます。
レントゲンでは異常がないと言われたが、違和感や痛みがある場合は?
レントゲンは、あくまで骨折等の確認検査であり、筋肉の炎症等については確認ができませんので、痛みや違和感等につきましては整骨院(接骨院)にて治療を行うことが有効となります。
仕事で夜間にしか通院できない場合は?
当院の平日受付時間は夜10時までとなっております。初めての方は9時位までにお越しください。2度目以降は夜10時までにご来院いただければ治療できます。予約等は一切必要ありませんので、平日であれば、夜10時までにお越しいただければ治療可能です。
保険会社から、そろそろ治療を中止しませんかと、催促された場合は?
あくまでも保険会社側の都合なので、痛みや違和感等の症状が残っているようでしたら、 治療を中止する必要はありません。保険会社から強制的に治療を中止させることは出来ません。